鬱患者に言ってはいけない言葉


よく、「鬱病の患者には『頑張れ』と言ってはいけない」と言われます。 確かに、この言葉に誤りはありません。 頑張って、頑張って、頑張りすぎたから鬱病になってしまったのですから、それを悪化させるような「頑張れ」は言ってはいけません。
でもね、だからといって「頑張らなくて良いよ」という言葉をかける人がいますが、これも実は良くないのです。 この言葉によって自分の居場所を見失ってしまい、余計に重くしてしまうことがあるからなのです。 正直なところ「放って置いて欲しい」というのが率直な感想。 無理に声掛けしようとするから「頑張らなくて良いよ」という言葉を発してしまい、患者を余計に苦しめてしまうのです。
自分が会社を辞めるまでに追い詰められたのは、上司からの「頑張らなくて良いよ」という言葉によって自分の居場所を見失ってしまったことがあります。 その他にも、医師からの診断書が何通も出ているにも関わらず、会社側が迅速な対応を怠ったこともあります。 その為に、ドンドン精神的に追い詰められていってしまったんですね。 件の会社は、対応が拙かったとは思っていないでしょうから、同じ事を繰り返す可能性があります。 危険ですね。
周りに鬱病の患者が発生した場合には、無理に声掛けするのではなく「そっと見守る」事が大事だと思います。 そして、患者が発するサインを見逃さないように注視すること。 これが大変重要なのではないでしょうか。 せっかくの行為が、逆効果になっては意味がありませんので、「頑張れ」という声掛けがダメなのと同様に「頑張るな」という声掛けもダメなのだということを理解して欲しいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です