迷走ミクシィについて続報


今日の取引ではミクシィの株価はストップ安まで下落した。 これは明らかに、一連の著作権に関する問題に対して嫌気した投資家が投げ売った結果であると思われるので、ミクシィに対して東京証券取引所の適時情報開示サービスにリリースをアップロードして投資家に周知徹底を図るよう申し入れた。
同時に、東京証券取引所には、ミクシィが問題を起こしているために株価の下落が発生しているのに適時情報開示サービスに情報がアップロードされていないことを指摘し、情報を知らない投資家が一方的に不利益を被っている可能性があるので、ミクシィに対して情報公開するよう指導の依頼をした。
既にミクシィは仲間内でやっている一ベンチャーではなく、東京証券取引所に上場している企業であるので、適切な情報開示とサイトの運営を御願いしたいところである。 ちなみに、自分は一度もミクシィの株を買ったこともないし、今後も買うつもりはない。 しかしながら、何も知らない投資家(特にミクシィは招待会員制なので招待してもらって会員にならないと情報が得られない)が一方的に不利益を被って、泣くような事態を静観できないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です