日本の景気も後退局面入りか?


アメリカの景気は後退局面に入りつつあるとの認識が世界的に広がっているが、日本はどうなのだろうか? 官製不況とも言われる誤った政策による不況、賃金が上昇しない中での物価上昇などを考えると、日本も景気後退局面に入りつつあるのではないかと思う。 福田政権はアメリカに向かって政治をせず、もっと国内に目を向けて政治を行って欲しいものだ。
政策的対応が後手後手に回った結果の、バブル崩壊後の失われた10年を経験しているわけだから、迅速な対応が非常に重要な事は判っているはず。 国民は、迅速な政策対応を求めているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です