子年のアノマリー


相場の世界には、理論的には説明が付かない事(アノマリー)が数多く存在します。 もちろん、論理的に証明されたモノではありませんので、偶然の産物と言えなくもありません。
そんな中、干支についてもアノマリーというのが存在しています。 それは、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子繁盛、丑躓き、寅千里を走り、卯は跳ねる」というものです。 干支別の過去59年間の平均騰落率を見ると子年がダントツの1位で、引き続き辰・卯・亥・酉・申と引き続きます。 最下位は丑でダントツの下落だそうです。
以下に、日経平均とNYダウの1972年から35年間の月足チャートを示しておきます。 緑色に塗られた部分が、子年ですが日経平均は特に上昇傾向が強い事が判ります。 1996年は、年足で言うと陰線なのですが、前半は強い上昇を示し後半に下落しているのが判ります。 移動平均線的には上昇を示しています。


あけましておめでとうメッセージの画像にも書いています。 「子年は繁栄の年。景気も良くなる年。」 景気が続いていると言われながら、私たち一般市民は、それを感じることなく来ています。 果たして本当に日本の経済は上昇局面に入るのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です