そういえば…


CDってしばらく買っていないな〜と思う今日この頃。
気に入っていた人たちのCDは出ているんですけどね。
ほとんどがCCCD(コピーコントロール)になってしまったので、残念ながらiTunesにリッピングできないこともあり買うのを止めてしまいました。 一般のCDプレーヤーでの再生も保証されていない上にリッピングもできないとなれば、「買ったは良いけど聞けない」といった事態を招く可能性もある上に、家ではPowerMacG5にiTunesでリッピングして宅内の他のPCで聞くようなライフスタイルになってしまっているのでiTunesでのリッピング不可は致命的なのです。
そんなこんなで、だんだん音楽に対する熱も冷めてきて「わざわざ3,000円近くも出して買うなんてバカらしい」と思うようになってきまして今に至るわけです。
結局、プロテクトって百害あって一利なしなんですよね。 パソコンのソフトが物語っていると思うんですけど… あれは、プロテクトはずしのツールが出たのでそれを利用してバックアップ取っていましたけど、CCCDはそんなツールもないので「いっそのこと買わない方が精神衛生上宜しい」と思って今に至ります。
まぁ、メーカーさんや自称アーティストの皆さんにとっては、たかだか一枚くらい売れなくたって誤差の範囲でしょうから痛くも痒くもないのでしょうが…
これ以上の主張は本館の方でそのうち書くとして…
まぁ、そんなんでCD購買欲が低減してしまったということでした。