メールアドレスの謎


ウチのインターネット接続環境はJ:COMの回線を使っている。 んで、J:COMは標準でメールアドレスを5つまで設定できるようになっている。 そのうち一つは、数字の羅列で構成されるデフォルトのメールアドレスで、主にJ:COMからの連絡受信用に使っている。 残りのウチ、一つはツレのアドレスとして使っていて、最終的に残った三つを自分で使っている。
三つの使い道は以下の通りである。
  ・ 多くのサイトに登録するために使うアドレス。
  ・ USのiTunesStore専用のアドレス。
  ・ PostPet専用のアドレス。
このうち、最後の二つには迷惑メールは一切来ない。 にもかかわらず、多くのサイトに登録しているアドレス(基本的にはユーザーアカウントとして使用されている)には迷惑メールが日に100通くらい来る。 何故なのだろうか? 最近は捨てアドレス的に使っているが、始めの頃は安全そうな有名なサイトのみに使用していた。 でも、そんな時ですら迷惑メールが大量に来ていた。
よく、某大手ショッピングモールサイトに登録すると、迷惑メールが大量に来るようになるとの噂を耳にする。 一見まともに見えるサイトでも、プライバシーマークを取っているサイトでも、何らかのルートでアドレスが漏れているのではないかと思うようになってきた。
総当たりで発見するから「メールアドレスを変えても無駄だ」という話を良く耳にするし、自分自身でもそう思っていたのだが、総当たりなら全てのメールアドレスに漏れなく迷惑メールが届いてもおかしくないはずだ。 でも、現実にはそうなっていない。
決してエロサイトを見るために登録したとか言う事はない。 情報を得るためにニュースサイトなどには登録した事はあるが、そんな段階から迷惑メールは来ていた。 最近は捨てアドレスとして使用しているので、微妙なサイト(エロじゃないですよ)の登録にも利用しているが…
ちなみに、J:COMで確保したメールアドレスとか、独自ドメインのメールアドレスとかはウェブサイト上でも一切公開していない。 なのに、迷惑メールが届くのである。
いったい、どこからメールアドレスが漏れているのだろうか?
サイトの運営者が意図的に漏らしている?
サイトの管理業者に勤めている誰かが意図的に漏らしている?
サイトのセキュリティが甘いから登録した情報が垂れ流しになっている?
いずれにしても、何らかの形で業者から漏れている事は間違いない。 前の会社で使っていたアドレスも同様に、迷惑メールが大量に来ていた。 が、業務に関係のある情報を得るためにしか登録のためには使っていない。 総当たりで的中するなら、メールサーバーにエラーログが残っても良いはずだが、そんなのは見かけた事はない。
やはり、真っ当なサイトからメールアドレスが漏れていると考えて良いだろう。 そして、そんなサイトに限ってプライバシーマークを取得していたりするものだ。 プライバシーマークの無意味さを露呈していると言っても過言ではないだろうな。 結局、企業の鯖管がしっかりしているところでないと、個人情報を守る事なんて出来なくて、そんな企業は一握りもないのだろうと思うよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です