曖昧さは死を招く


この期に及んでも曖昧な受け答えしかしない安倍晋三氏は、一国の首相としては失格でしょうね。 各大臣の問題発生時も曖昧に対応してきて、結果、在任中の自殺という「あってはならない」事を起こしてしまった。 消費税に関しても同様に曖昧な受け答えを繰り返して問題先送りの姿勢を貫いてきた。 これだけの大敗を喫しても、自分の進退すら曖昧にしてしまうなんて女々しいとしか言いようがない。
曖昧な受け答えしかできない、自立した姿勢を持てない方が日本国の首相を続けるよりも、他の方に変わっていただいた方が日本国の将来にとってはベストなのではないかと思う。 じゃあ、首相の座にふさわしい人はいるのかと言われると、残念ながら彼しか居ないだろう。
それは…小泉純一郎。
日本国の将来のために彼の復帰を望むのは自分だけではないはずだ。 ちなみに、自分は自民党支持者ではない。 基本的には左翼思想の持ち主である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です