ワロタ


何時も可笑しいエントリを書いてくれる高木浩光氏が、また書いてくれた。 そのエントリは「蔓延する「サイバーパテントデスクのWWWサーバ」」である。
内容的には「NRIサイバーパテント社」のSSLに関する説明書きをコピペして使っているサイトが多いため、本来であれば自社名を入れなければならないところに「NRIサイバーパテントデスク」という他社の名称が入っているという話。 これが日本国中で増殖していて、数え切れないくらいあると言うことらしいのだが…
何時から日本人は「何も考えない」人種になったのだろうか? コピペするのは結構だが、意味が通らないコピペって… 例えば僕が自分の会社のサイトにアクセスして、SSLの説明書きを読んだときに「NRIサイバーパテントデスクのWWWサーバであることを保証します」とか言われても困るのだが… だって、僕がアクセスしているサイトは「NRIサイバーパテントデスク」のサイトではないので、そんなモンを証明されたって困るでしょ。
ひょっとしてサーバー証明書を取るときに会社名を「NRIサイバーパテントデスク」にしているのか? って、それだとサーバー証明書の意味ないし。
アホやん。
ちなみにウチの会社のサイトのSSLに関する説明書きは微妙に間違っているし…orz って、その説明書きがあるのに今気が付いたよ。 あ〜、もう指導できない立場だしな。 放って置こうっと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です