今日のカンブリア宮殿


原田泳幸氏って元は技術屋だったんですね。 初めて知りました。 日本NCRに居たのは知っていたのですが、ずっと技術屋で開発担当をしていたそうなのですがNCRが日本の開発拠点を引き揚げることになり、結果的に事実上のリストラ状態になって、ヒューレットパッカードに転職したというのは初耳でした。 しかも、HPでは技術ではなくて営業をやっていたとか…
それにしても彼は家族思いなんですね。 社長室の映像が映ったときに彼の席の後ろに谷村有美(大ファンだったんですよ〜)のサイン&メッセージ入りポスターが置いてありました。 見ていて気が付いた方っていらっしゃるのでしょうか? 御存知だとは思いますが、彼のバンド(アップルの仲間と作ったバンドでドラムをやっている)と共演したのが縁で結婚されたんですよね。 話題は別の方だったのですが、目はそっちへ行っちゃいました。
話の中で一番印象に残っているのは「20代は何でもやって、30代は方向を決めて、40代は成し遂げる」という言葉。 あ〜、今一度20代に戻れたら何でも出来たかもしれないけど、40代になってから「何でもやれ!」って言われても無理なんだよね。 ちなみに、彼がアップルコンピュータへ転職したのは今のボクと同じ歳の時だそうですが、たぶん、前の転職があったから出来たことなんでしょうねぇ。
今から何が出来るのか、復職までにじっくり考えてみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です