安全な投資


いや、投資に安全なものなんて無いんですが…
いわゆるデイトレーダーと言われる人たちは1ティックとか2ティックとかで売買してお金を稼いでいます。 ティックというのは呼び値の段のことで、1ティック上げだと1段上げた値段と言うことになります。 例えば、1,500円の株だと1ティックは1円となります。 1単元100株だと、150,000円で購入し1ティック上げたところで売ると150,100円となり100円の利益が上がります。 簡単でしょ?
でも、そういった投資スタイルを取るには大量の資金がないと利幅を稼げないんですね。 先ほどの例で言えば1,000株(1,500,000円分)買っていれば1,000円の利益が、10,000株(15,000,000円分)買っていれば10,000円の利益が生まれます。 と言うことで、一目瞭然なのですが資金のない人にとっては取りにくい投資スタイルなんですね。
だからボクの場合は、10ティックとか20ティックとかの変動がないと厳しいのですよ。 そして、それだけの変動はなかなか1日では難しい事が多い。 従って、どうしても数日から2週間くらいのスパンで考えるスイングトレードにならざるを得ないのです。 そうなると、株価は一方向に動き続けることはないですから、その分リスクも上がってきてしまうし、一日あたりの平均収益は極僅かになってしまいます。
今の段階では信用口座に保証金として40万円程度あるので、実質的に動かせる金額は120万円程度になります。 これだと、先ほどの例では1,000株は買えないのですよ。 やはり実効性のあるトレードを行うには最低でも200万円くらいの保証金があって、実質的に動かせる金額が600万円を超えないと(現状の5倍以上ないと)ダメですね。
ということで、やっぱり一般の人が株式投資に参入しても稼ぐのが難しいのは資金の問題がつきまとってしまうからなのだということが判ってもらえると思います。 やはり、投資というのは金持ちのためのものなんですね。
暫くは、会社勤めをしながらスイングトレードで頑張ります(頑張るつもりです)。 ある程度資金が出来たら、もしくは会社での自分の存在意義を見失ったら、会社を辞めて専業トレーダーになるつもりです。 サラリーマンの生涯賃金を考えたときに、あと幾ら稼げば余裕が出るのか、この歳になると見えてきますからねぇ。 無理して身体を壊してまでサラリーマンを続ける意味はないなぁ…と思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です