生体認証

LINEで送る
[`evernote` not found]

みずほ銀行に生体認証の登録に行ってきました。 そこで、幾つかトラブルとか笑えるネタとかがあったので書いてみることにします。
まず、トラブルとしては何故か登録印が違っていたということ。 ちょうど証券会社関連の書類とかカード関連の書類とか纏めて作成した時期に口座を作ったのでトラブル防止のために同じ印鑑にしたつもりが、みずほ銀行だけ違う印鑑を登録していた模様。 基本的には印鑑が不一致だと例え免許証などで本人確認が出来ても生体認証登録を出来ないそうだ。
う〜む… 本人確認の確度が高い書類で確認できても、確度が低い印鑑が一致しなければダメだとはねぇ。 セキュリティを声高に叫んでも世の中そんなモンなんですね。 窓口の可愛い女性(美人と言うより可愛い系でした)が気を利かせて登録印の変更と同時に対応してくれたので事なきを得ましたが…
その2。 無事、生体認証用のデータ登録が終わったカードを試しに使ってみたら… 先ずは生体認証で認証を行った後に「暗証番号」を入れて再度認証するという、これまた確度の高い認証を行ってから低い認証を行うという「順番逆じゃねぇの?」と思うような手続きが必要なことが判明。
う〜む… 結局、一番セキュリティ的に安全性が高いのってPINコード+ワンタイムパスワード(RSAセキュアキー)なんですかね。 みずほ銀行が採用している生体認証もグミ指ならぬ大根指ですり抜けられるという話もありますからねぇ。
ちなみに、今回登録したついでにICカード対応ATM(みずほと郵便局)以外ではカードでの出金も振替も出来ないようにしちゃいました。 もともと、証券会社向けの入金口座として作ったので出金の必要はないということもあり、特に不便は感じないのでそうしちゃいました。 コンビニATMでは入金のみ可能となっています。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です