出張と体調


一日休んで、処方された薬を呑んで、たっぷり睡眠を取ったけど吐き気は治まりません。 とは言え、昼はとりあえず点滴打ったので栄養の心配はなかったのですが、夜はそうも行かず吐くのを覚悟で残り物を無理に詰め込む(でも通常より50%減)。

正直、仕事の心配をしたりすると吐き気と手の痺れが酷くなってくるのも事実。 明日は古巣の仕事だし、しかも“問題がないか見てるだけでよい”との事なので、お気楽に行けるのかもしれない。

実は、引き継ぎが巧くいかないのと短期間で多くの作業があるため、当初の打合せでは古巣の戦力として7月5日までは入っていたはずだった。 でも、6月末の段階で密かに戦力外とされたらしく打合せにも参加できず大変残念な気持ちでいた。 相当のモチベーション低下になっている。 しかも、当然新部署では即戦力になれるはずもなく、自分の居場所がない状態なのだ。

だから明日の出張も戦力外だけど居ないよりマシ程度の扱いなのだと、業務を引き継いだ担当者と電話で話をして強烈に感じた。 わざわざ無理をして東京くんだりまで行って、あげくに居場所がないのである。 ガックリ。

異動は4度目で、このような扱いを受けるのは2度目。 でも、前回は30代前半だったということもあり精神的な強度や柔軟性が今とは違っていた。 離婚後で独り者だったせいもあり自宅での居場所がないという事態は発生しようがなかったこともある。 だから、まだマシだった。

今は、会社にも居場所が無く、自宅にも居場所がない…
色々な選択肢を考えている所だけど、考えれば考えるほど体調に影響が出るのも事実。

とりあえず、今回処方されたリーゼをのんで心を落ち着かせるのと、以前処方されたマイスリーをのんで早く寝ます。

今日からの薬は以下の通り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です