こういった見方もあるのねぇ


たまに見ている某IT関連企業の社長さんのBlogに、ちょっと気になる記事が書かれていました。
民放による絵に描いたようなインチキ
内容としては、増税話をしている時に出てきたフリップで、年収に占める控除部分と課税ベースの部分の比率や現状と将来の比較での比率が正しくない為に、あたかも「増税憎し」を強調しているように見えると言っているようなのだ。 んで、それを「インチキ」と決めつけているんですよねぇ。
インチキ呼ばわりする前に、自分で作ってみたら如何でしょうかねぇ。 全てが正しい比率で。 そうしたら、全てを正しい比率で作られたフリップが放送には使えない事がハッキリ判ると思うんですが… フリップって「必要なところが判りやすい」とこが重要なので何でもかんでもキッチリ作ればいいってモンじゃないんですけどね。
そもそも、100万円の箱よりも39万円の箱の方が大きい段階で視聴者は、そのフリップで「何を言いたいのか」を理解すると思うのですが、その社長さんは大層お偉い方らしくて視聴者は気が付かないと思っているみたいです。 だから、正しい比率で記述する事を殊更に強調し、そうしないものはインチキであると決めつけているように思えます。 視聴者をバカにしているようにも取れなくはない記事ですね。
ちなみに、このBlog、さすがIT関連企業の社長によるBlogだけあってSafariで見るとレイアウトが崩れています。


One thought on “こういった見方もあるのねぇ

  1. みさ~

    うーん…ウチの自動番組表も1ピクセルずれただけで、比率があってない!!って怒られちゃうんでしょうか(汗)
    リクルート情報に…
     ・二足歩行ロボット向けOS開発
     ・次世代ゲーム機向け技術開発
    …とありますが、マジモンでそんなのを作れる人間が¥400k/mで雇えると思ってるんでしょうか(泣)
    なんか、面白いヒトですね。
    これからこまめにチェキしてみます~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です