サンマリノGP決勝


いやぁ、久し振りに面白いレースとなりました。
アロンソとM.シューマッハの最後の13周の争いは久し振りに見ていてドキドキ・ハラハラするレースでした。 最終的にはシューマッハのプレッシャーに屈することなく自分のレースを続けたアロンソが優勝となったわけですが、バックマーカーとの間隔を絶妙にとってシューマッハに対してチャンスを与えないという展開もなかなかやるなぁって感じです。
BARもフェラーリと共に復調の兆しが見えてきたのでしょうが、バトンが3位で琢磨が5位とようやくポイントゲットできました。
いよいよ今年のレースも役者が揃ってきて本番という事になるのかな? 次回以降が楽しみになってきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です