何だったんだBAR


土曜日の予選はけっこう良くて、琢磨は3番手でバトンは7/1000秒差の4番手。 フロントロウを独占したフェラーリに次いでセカンドロウ独占のBAR。 表彰台の期待も高まる琢磨でしたが…
今日はスタート直後からダメダメで、ファーストスティントはドンドン抜かれて置いて行かれる始末。 3番手スタートだったのに8番手まで落ちてしまう。 ライコネンの脱落で一つ順位を戻したものの7番手。 バトンは一つ順位を落としただけでキープ。 トゥルーリに抑えられていたために1回目のピットストップを早めに行って前に出ることができたのは作戦勝ち。 これで順位を一つ上げて6番手まで戻したものの、結局そこまで。
う〜ん、3番手スタートだったのに… なんで最初のスティントで大幅に落ち込んでしまったのか疑問は残るし、ある意味課題も残る。 車の問題なのか琢磨本人の問題なのか。 いずれにしても、予選後の公式インタビューには常連になりつつある琢磨なので、やはりここは奮起して決勝後の公式インタビューにも常連になって欲しいと願うばかり。
それにしても今日の中継は問題ばかりだったなぁ。 国際映像は全然ダメダメで激しいバトルを演じている所が多数あったはずなのに全く写らないし、今宮さん川井ちゃんは何故か巻き舌気味になっていたし…(音声は機器トラブルみたいですが)
昨日の予選の時に、日本のスタジオからの返りが聞こえにくいという話はありましたが、今日もその影響なのか会話が重なって聞きにくかったしなぁ。 しっかりしてくれよぉ…