成功すれば壊滅だ


ほりえもんは調子に乗りすぎだ。 前回の800億円を大きく上回る3,000億円を調達してフジテレビに壊滅的打撃を与えるみたいだ。
だいたい、彼にはフジテレビは見えているけどその背後にあるFNS系列というものが見えていないようだ。 だから、彼のビジネスモデルには地方局の存在はない。 まぁ、フジテレビそのものが欲しいわけではなく「フジテレビ」という名前が欲しいだけなのだから仕方ない。
名前だけではビジネスはできない。 ライブドアのサイトを見るといろんな事がわかるが、その最たるものは「まねっこの世界」でしかないと言うこと。 ×××に似ている。 でも、見にくいし使いにくいポータルサイト。 そもそも、ライブドアって何の会社か知らない人多いし、そのサイトの存在を知らない人も多い。 会社概要を見ると役員連中の挨拶が出ているが小学生の作文以下の内容しか書かれていない。 所詮その程度。
だから、企業価値を落とすかどうかで言うと、間違いなく「落とす」。
テレビの世界は高コスト体質だ。 それは以前も書いたとおり。 でも、そのおかげで良質な番組もできているのも事実。 逆もあるが… ほりえもんのビジネスのやり方では「ドキュメンタリ」は作られないし、現在のような「報道番組」は作られない。 なぜならば、高コストの最たるものだからだ。 視聴率が稼げないと収入には結びつかないのがテレビ局の宿命。 そんな中、それほど視聴率を期待できないような良質な番組も作られ続けているのは、黒字であることが必須ではあるが大きな利益を生み出さなくても質を取る部分もあるからだ。 彼の頭には金しかないから勢い視聴率至上主義にならざるを得ず、いわゆる低俗な番組がはびこる形になってしまうのではないか。 この段階で価値を落とす。
フジテレビが彼に乗っ取られたとき、どれだけの優秀な人材が流出してしまうのか判らないが、一般のサラリーマンとは違う形でモチベーションが保たれているのも事実なので、大なり小なり影響が出るように思える。 もし、僕がフジテレビの社員だったら、乗っ取られた時点で会社を辞めるだろう。 労働者には経営者を選べないというのなら会社を去るしか道がないのだから… これまた企業の価値を落とす。
系列局に対する影響も計り知れない。 ローカル局に相当のダメージを追わせることになるだろう。 眼中にないのだから。 業界ではかなり有名だが、フジテレビ系列(FNS)は系列としての結束が非常に固い。 それが崩壊の危機にさらされるのだから、これもフジテレビの企業の価値を落とすことになるだろう。
裁判所が示している「企業価値を落とさない」という根拠を示して欲しいと思う。 いままでの内容を聞くと裁判所もライブドアと同様に具体的な部分を示していない。 司法の責任を果たしていないように思える。 彼らもまたニッポン放送という会社にしか目がいっていなく、フジテレビや系列局を含めた全体を見ていないのだ。 ダメダメだ。


4 thoughts on “成功すれば壊滅だ

  1. 世の中の動き

    ライブドア、フジテレビ買収狙い3000億円調達へ

     ライブドアが想像もつかないことを計画しています!大変なことになりました!フジテレビは本気にならないとマジでヤバイです!ライブドアニュースより引用
     『 ライブドアがフジテレビジョン買収に向けて、レバレッジド・バイアウト(LBO)と呼ばれる手法を使…

  2. 息抜きなさし出口

    「企業風土に高い倫理観と価値観」=「金が力」

    毎日新聞ニュース 03月18日 19時46分
    <ニッポン放送株>FNS系列27社 フジを全面支持と声明
    「企業風土に高い倫理観と価値観が保有されているか疑問」などと悠長なことを言っ