みんな投票へ行こうよ


明日は参議院議員選挙の投票日。
選挙のたびに投票率が下がっているようですが、投票する人がいない方々も投票所に足を運びませんか? 投票する人がいなければ白票を投じればいいのです。
マスコミは「棄権=興味がない」と捉えて報道しがちです。 だから、「興味がない訳ではなく、投票に値する人がいないのだ」ということをアピールするために投票所に足を運び白票を投じましょう。
良く、当選された議員さん達は「国民の多くの支持を受けて…云々」と申します。 確かに、得票率は高いでしょう。 もともとの投票率が低いのですから… ただ、投票率が上がっても白票が多ければ得票率は下がるのではないでしょうか? 計算式が分からないので何とも言えないですが、無効票も含めた全投票数に対する得票数の割合が本当の得票率ですから、そう考えると「多くの支持を受けていない」事が明らかになるでしょう。
このままでは与党第一党である政党の独裁政治になってしまいます。 今の、国民を無視した政治の進め方が全てを物語っているのではないでしょうか?
僕は毎回、意中の人がいればその方の名前を書いて投票しますし、いない場合は白票を投じています。 ささやかな抵抗です。
選挙権を持っている皆さん。 当日行けない場合は、今日まで不在者投票が可能です。 面倒な手続きは不要の場合が多いですから、ぜひ投票所へ足を運びましょう。
金にもの言わせてなりふり構わない選挙戦を展開している某政党を大敗させるために…