そして…


明日(3/2)からは、新放送システムで放送が開始されます。
視聴者的にはほとんど何も変わらないのですが、デジタル放送を見据えた全く従来とは異なるシステムの運用が開始されます。
こちらの方も一部のサブシステムを担当したせいもあり、徐々に徐々にいろいろな想いや出来事が頭の中を走り始めました。
何もしなかった者には何もないとは思いますが、僕自身は多くの部分に関わってきて、大変な努力と苦労をしてきたので「今までの仕事の中で最高に印象深いエピソードが誕生すると思います。(by T君)」という状況です。
そして、その仕事は第一期分としては6月中旬まで継続して行うことになります。 本設までの、まだまだ長い道のりが待っているのです。