スマイリーキクチ氏が小野勇容疑者のアカウントを晒す違和感


この記事を書いているのは2022年10月13日の21時57分です。その段階での状況で投稿していることをあらかじめ御了承ください。

さて、スマイリーキクチ氏が21時10分に以下の投稿をしました。


この投稿に関して、幾つか違和感を覚えたので記録として残しておきます。

先ず、「「自殺」「死」を検索すると、危険な繋がりや自死を誘発する情報が提供されてしまう」と記載されていますが本当でしょうか?実は私も過去に「自殺」というキーワードで検索しましたが、少なくともトップページにはそういう類いのものは出てきませんでした。で、この投稿の前にも改めて検索してみましたが以下のようになりました。


1枚目がGoogleでの検索結果、2枚目がTwitterでの検索結果です。いずれも思いとどまらせるような警告的な内容がトップに表示されます。果たして、スマイリーキクチ氏は自分で実際に検索してみたのでしょうか?疑問です。

次に、容疑者のTwitterアカウントのスクリーンショットを貼り付けていますが、常日頃、聖人君子的投稿を行っているスマイリーキクチ氏が敢えてこのスクリーンショットを添付して投稿する意味はあるのでしょうか?

私は前日未明に当該アカウントを把握していますが、本物であるという確証は持ち合わせていません。私が把握した段階では文春オンラインが報道しているだけだったと記憶していますが、それだけで本物であるという確証を得ることは出来ませんでしたし、現段階でも変わりません。にも関わらず、スマイリーキクチ氏がスクリーンショットを投稿しているという事は、当該アカウントが本物であるという確証をお持ちなのかな?と思っております。氏の日頃からの投稿を見るに「本物であるという確証が無いまま投稿することはあり得ない」と考えるからです。

ここら辺、モヤモヤするものがあるなあと言うのが現段階での感想です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です