2020年を振り返って


2020年は1月下旬から新型コロナの流行に見舞われ、いろんな物がシュリンクした年でした。会社の方も売上が激減してしまい持続化給付金で辛うじてしのいだ1年でもありました。新規顧客も見つからず試行錯誤・新規事業開拓と苦悩した年でもありました。そんな一年の中から幾つか取り上げてみたいと思います。

  1. ライブが消滅
    1月下旬の土岐麻子さんに参戦以降、チケットを確保していた竹原ピストルさんとチャラン・ポ・ランタンのライブは中止に。その後も、新規のライブは殆どなくて辛うじて9月下旬のHONEBONEのライブのみ。ライブ参戦は激減しました。その代わり、配信ライブが一気に増えたので、そちらで楽しんだ感じです。今まで見られなかったアーティストのライブも見られたりして良さはありますね。でも、やっぱりライブは現地で見たいですねえ。
  2. 社内SE受託にて大きな変化が
    体調が悪かったこともあり慰留はされたんのですが契約の終了をさせて頂きました。まさか新型コロナという疫病がやってくるとは思わずに。4月以降の案件も好感触ではあったのですが、結局失注してしまいました。それ以降、迷走しております。
  3. お伊勢参り
    一昨年も行ったのですが3月下旬に名古屋旅行をしました。新型コロナの新規感染者数が微妙に上昇している中での旅行でしたが、無事に戻ることが出来ました。今年のメインはお伊勢参りです。熊野に行きたい。伊勢に行きたいと幾つか案が出たのですが、今年は伊勢にしました。新型コロナ禍の中、人は少ないかと思いましたがそうでもなくて、若い人が大勢出てた気がします。外宮・内宮は非常に厳かな感じで気持ちが引き締まる思いでしたね。初伊勢うどんと赤福本店での赤福と夜は伊勢海老のお造り食べたり、グルメ三昧もしました。
  4. 別れと復帰
    以前からリスナーとして応援してきた配信者さんと喧嘩になってしまい、8月中旬に全ての繋がりをブロックされる事態を招きました。変に煽ったりした自分にも責任はあるんですが、そこから負のスパイラルに入った気がします。さよならも言えずに別れが来た感じだったなあと11月中旬に残された唯一の接点であるAmazonのほしい物リストから、さよならの意味も込めてプレゼントを贈ったら急展開がありまして復帰しました。僕の不在の間に色々あったみたいで状況は一変していましたが、なんとか以前の気持ちを取り戻せたらと思っています。
  5. 幸運の女神様が現る
    大袈裟な表現ではありますが、前項に記載の復帰直後の同じ日にシャープのマスクが当たったり、単発ではありますが案件が決まったりしました。いきなり?って感じです。その後もちょこちょこと良いことがあって、負のスパイラルから脱出出来たのかな?とも思っています。まあ、まだまだ仕事の方は厳しい状況が続いているのではありますが…
  6. こんな感じでしょうか。一年通してみると非常に低調な感じでした。海底を這って歩いている感じというか。ただ、11月後半以降は急に動きが活発になったりして、ぜひとも来年に繋げていきたいなあとは思っています。来年は上昇の一年でありますように…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です