2018年を振り返って


2018年もいろんな事がありました。総括すると上昇への第一歩の年って言う感じだった気がします。そんな一年の中から幾つか取り上げてみたいと思います。

  1. ライブ三昧だった
    相変わらずのチャラン・ポ・ランタンと土岐麻子さん。あと、加藤伎乃さん、りせさん、くどうよしかさん、健太康太さんと結構ライブを見まくった感じがあります。他に昨年に引き続き、Sapporo City JAZZ関連でKan Sanoさんのフリーライブにも参戦しました。その中でも一番大きかったのはチャラン・ポ・ランタンですかね。NHKホールで開催された「大拍乱会」に行ってきました。過去最大編成の上に素敵なライティング、非常に厚みのあるサウンド、アンコールでの仕掛け等、メッチャ感動しました。
  2. 社内SE受託にて大きな変革が
    昨年から始めた社内SE受託業務ですが、御客様の事務所移転に伴ってネットワークや電話の更新を引き受けたのをきっかけに、定期的に常駐する方向に変わりました。以前は結構頻繁に携帯に電話がかかってきていて、そのたびに出向いて対応していたのですが、事務所移転直後のトラブル対応で2日ほど常駐したところ、その場で様々な対応依頼を受けるようになったので週一常駐に舵を切ってみました。結果として、よほどの緊急ではない限り常駐日まで待ってくれるようになって、携帯への連絡が大幅に減りました。御客様の満足度も上がったようで、お互いに良い方向に変わることができたようです。
  3. 道外のパワースポット巡り
    今年の春から旅行とか出張とかで道外に出たときに、行った先でパワースポット巡りをするようになりました。今まではそんな気持ちもなかったのですが、コレをやるようになったおかげで有名どころの神社仏閣に参拝することができて、結構楽しめました。今年だけで末社含め191社にお参りしました。いっぱい巡ったなあ。
  4. 新たな人と出会った
    公私ともに出会いの年でしたねえ。公で言うと御客様に依頼されて出張することが多く今までに出会うことが全くないような人達と出会いました。あと、NoMapsに参加したことでもいろんな人と出会うきっかけになりましたねえ。あと、私では素敵な配信者と出会うことができました。昨年末くらいから様々な配信者のところに見に行ったりしていたのですが、定着することなく今年の夏くらいまでフラフラしていましたが、今はその方のところに定着しています。いろいろ気遣いができる方で素敵だなあと思いました。リスナー数名を招待しての忘年会にも参加させていただきまして、そこでも様々な気遣いをしてもらいまして非常に嬉しかったです。
  5. NoMaps初参戦
    一昨年くらいから始まった札幌市内のイベントNoMapsに初参戦しました。昨年まではチケット代を捻出できずに断念していたのですが、今年は何とか都合をつけたら昨年よりも安くなっていて助かりました。参加したのはビジネスカンファレンス4セッションとオフィシャルミートアップ1日、Music Weekendが1ヶ所、札幌国際短編映画祭1プログラムでしたが大満足でしたね。ビジネスカンファレンスはどれも内容が濃くて、今までの札幌のカンファレンスでは聞けなかったような話も聞けましたし、アフタートークで質疑応答もできる回もあったりして非常に面白かったですねえ。オフィシャルミートアップでも出会いがありましたし、ライブ・映画と参加した4日間で充分満喫できました。来年も参加しようと思っていますし、札幌市内や近郊の方には強く参加を推奨します。
  6. ストーカー疑いで警察に踏み込まれる
    現在も真相調査が進んでいるところなので詳しくは書けないのですが、昨年からトラブルになっている方にストーカー被害の届け出をされて警察に踏み込まれました。丁寧に説明し誤認である事を訴えて何とかなりましたが、こういう事があったおかげで警察による冤罪を生み出す構造が判って非常に勉強になりました。
  7. 生まれて初めての大地震に見舞われた
    忘れもしない2018年9月6日未明に北海道を襲った大地震。そして、直後からの停電。全てが初体験だったので戸惑うことも多かったですが、なんとか乗り切りました。詳細は既に記事にしているので割愛して、備えあれば憂いなしというのは本当なんだなという事は感じました。幸いにして飲料水の備蓄はあったし、カップラーメンという形で食料の備蓄もあったので、停電に対しても対策を色々考えることができました。停電が長期化するとは思わなかったので、冷蔵庫内の食料には一切手をつけないことを決めて扉の開閉をせず乗り切ろうとした作戦。結果として博打にはなってしまったものの27時間で復電したので中のものへの影響は殆ど無く、正解だったという事。携帯やパソコンもモバイルバッテリを全て集めて仕事の継続が可能な状態を作ることができました。そういう事が全て心の余裕に繋がってデマに惑わされることが無かったのも良かったと思いました。冷静に判断して、冷静に情報発信して。良い経験が出来たと思います。
  8. 11年ぶりにInterop Tokyoに参加
    今年はなんとか都合をつけてInteropに参加してきました。過去の記録を辿ると2007年が最後だったんですねえ。当然、時代も大きく変わり通信と放送の境目も全くなくなって放送系の展示会も共催されるようになっていました。あと、やっぱり情報収集は首都圏の展示会に行ってみないと充分な情報が得られないことが確認できましたよ。かなり新しい情報の収集ができて、刺激を受けてきました。

こんな感じでしょうか。一年通してみると激しい波に洗われた感じですが、昨年と比較すると落ち着いた年末となり、安堵の気持ちでいっぱいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です