dovecot導入メモ

LINEで送る
[`evernote` not found]

yumで入れられるdovecotのバージョンが古すぎたので、ソースから入れたときのメモ。オプション関係を間違うと、見当違いのエラーメッセージが出て惑わされるので、記録しておく。

./configure –with-libwrap –with-ssl –with-pam –libdir=/usr
 –exec-prefix=/usr

–with-libwrapは接続制御をするためのオプション。
–with-sslはSSL接続をするためのオプション。
–with-pamは認証関連のオプション。
–libdir=/usrがないと、libsslやlibpamを認識しない。
–exec-prefix=/usrがないとserviceで起動できない。
一番最後のオプションは意味不明だが、付けないと/usr/local/sbinに実行ファイルがインストールされ、パスが通っていてもserviceコマンドで起動できない。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です