iPhoneで自宅公開の危険性

LINEで送る
[`evernote` not found]


Twitterで自分がフォローしている、ある人のツィートを見て驚きました。 iPhoneのTwitterクライアントにはGeoTagを付けられるモノが多いようですが、その人は自宅からGeoTagを付けてツィートしていたのです。 何故、自宅からと判るのかといえば、それは単純にツィートの内容に依ります。
んで、何でそれが問題なのかというと、TwitterクライアントによってはGeoTagの表示機能があるんですね。 自分が使っているHootSuiteだと、GoogleMapで場所を教えてくれます。 コレがまた、非常に精度が高いんですわ。 iPhoneのGPSって高精度に作られているのでしょうか? ほとんどピッタンコの位置を示しています。
ってことは、まぁ、男子の場合は問題ないとしても、女子の場合は自宅バレしてしまうので、異性(まれに同性?)によるストーキング行為に発展する可能性もないとは言えないと思います。 非常に危険ですね。 もちろん、男子でも同じような被害に遭う可能性がありますが、女子の方が被害が大きいと思います。
これを避けるには、Twitterクライアントを使用する際にはGeoTag機能がOFFになっていることを確認した方が良いかと思います。 自分はiPhoneを持っていないので、各Twitterクライアントがどのような仕様になっているかを知る由はありません。 なので、残念ながら、どうしたら良いのかをこの場で教授することは出来ません。 各自確認して頂くしかないと思います。
ちなみに、今回、自宅バレした人は「ITに詳しい」方で、ボランティアで「ITに関するセミナー」を行っているそうです。 まぁ、自称なので本当のところのITスキルは知りませんが、このようなことをしてしまうということは、ITスキルは相当に低いものと思われますねぇ。 そんな人に教えてもらっている人は不幸としか言いようがないですが… 残念ながら、その方から教授して頂いている方は、内容が本当に「正しい」のか自分で確認された方が宜しいかと思います。 自称「詳しい」という人は、多くの場合、その程度のレベルしか持っていないのは世の常ですから。

LINEで送る
[`evernote` not found]

4 thoughts on “iPhoneで自宅公開の危険性

  1. ジャック

    記事を拝読しました。
    ほんとに詳しく書いてるブログもあって、感服しています。
    Exifデータによる情報流失を塞ぐiPhoneアプリを開発しました。
    そして埋め込まっているデータを消去することではなく、もう一つデータのない新しいデジタル画像を作成します。元のデータ付き画像も保存します。
    ジオザッパーデモ版はこちらです。
    http://itunes.apple.com/ca/app/geozapper-lite/id438843105?mt=8
    ジオザッパー日本語版もあります。
    http://itunes.apple.com/jp/app/id439799516?mt=8&ls=1
    よろしくおねがいします。

  2. ジャック

    記事を拝読しました。
    ほんとに詳しく書いてるブログもあって、感服しています。
    Exifデータによる情報流失を塞ぐiPhoneアプリを開発しました。
    そして埋め込まっているデータを消去することではなく、もう一つデータのない新しいデジタル画像を作成します。元のデータ付き画像も保存します。
    ジオザッパー(デモ版)はこちらです。
    http://itunes.apple.com/ca/app/geozapper-lite/id438843105?mt=8
    ジオザッパー(日本語版)もあります。
    http://itunes.apple.com/jp/app/id439799516?mt=8&ls=1
    よろしくおねがいします。

  3. pismo

    Exifの位置情報も危険ですね。
    ただ、Twitterクライアントの位置情報はリアルタイムに把握できるので、もっと危険。
    注意喚起とかしてくれるように修正して欲しいのですが、件の人は未だにやらかしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です