スピードリミッタ


先日、高速道路を走っている時にスピードリミッタを外しているのではないかと思われる軽自動車に遭遇した。 いや、実際にはリミットギリギリのところで走っていたのかも知れないが、140km/h程度で走っていたのは間違いないところだと思う。 ぶっちゃけ、ペコペコの車体の車で、そのスピードを出すのは自殺行為だと思うのだが…
輸入車も含めて多くの自動車にはスピードリミッタが装着されている。 国産車の場合だと小型自動車・普通自動車で180km/h、軽自動車で140km/hで動作するように設定されている。 輸入車の場合は一般的に250km/hで動作する。 これはドイツ車であっても例外ではなく、ウチの車も250km/hで動作するように設定されているはずだ。
ただ、国産車の場合だと走行安定性が良くない車が多いので、スピードリミッタが作動するところまでスピードを出すのは結構度胸がいるし、怖い。 前の車でスピードリミッタを作動させた事があるが、その時も140km/h付近で車体が浮き上がる感じがして結構怖かった記憶がある。 それ以上の速度では安定して走行してくれたのだが、そこに辿り着くまでの安定性の悪さが気になった。 いわゆる「スポーツカー」だったのだが、その様な車であっても怖いモノである。
今の車では220km/h超まで出した事があるが、ピタッと吸い付くような非常に安定した走行をしてくれて、安心してアクセルを踏めた記憶がある。 ただ、高速道路の形状の関係で、それ以上の速度は出せなかったのだが、エンジンの回転数などから推測して240km/h超までは出そうな感じがする。 残念ながらリミッタを作動させる事は出来なさそうであるが…
そんな中での、軽自動車によるリミッタ作動レベルでの高速走行である。 ぶっちゃけ、命知らずの運転手なのではないかと思った。 まぁ、自爆するなら誰にも迷惑がかからないので良いのだが、巻き添えだけは勘弁願いたいところである。 外から見ていてもフワフワしていて、安定性の無い走行をしているように見えて非常に怖いのだが、本人はどう考えているのだろうか? 正直なところ、今のレベルの軽自動車は走る棺桶状態なので、リミッタを120km/hとか100km/hとかに制限して欲しいとさえ思う。 スポーツカーを除く、小型自動車・普通自動車も140km/h程度まで落とした方が良いのではないだろうか。
国産車は特にカタログ性能のみにこだわって作られている為、実質を伴わない部分が多い。 先に挙げた、高速走行安定性も然りなのだが、エンジンそのものの実質性能も決して高くはない。 にもかかわらず、180km/hまでスピードメータが切られているものだから、そこまでスピードが出るモノと信じて走っている車も多く見かける。 これは時として、事故を誘発する危険行為につながる場合もあるのだ。 実質性能に見合ったスピードリミッタの設定と、スピードメータの実装を御願いしたいところである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です