mixi利用制限緩和のウラ読み


まぁ、大層な話を書くわけではないんですけど…
mixiは12月10日から年齢制限の緩和をする事になった。 企業なんだから「金儲けに走るのは当たり前」みたいな論調があるのですが、本当に金儲けできるのでしょうか?
低年齢に解放をしているモバゲータウンの場合だと、携帯サイトがきっかけで若年層の事件が多発した事への対策として、サイトの監視強化のために大規模なセンターを作り、大量の人員で24時間365日体制で監視をしている。 だが、残念な事に現状のmixiは対応できておらず、運営事務局も形骸化している。 そんな中で若年層に解放するという事は、それなりの運営体制を整えなければならず、コスト増の要因になるように見える。 マーケットは好感して株価は上昇しているが、それはマーケット参加者がmixiの現状を知らないからであろう。
ぶっちゃけ、現状でもモラルの欠片もない輩や、リテラシーの欠如した輩が多数徘徊しているmixiである。 若年層への解放は、ますますその動きを助長する事にならないだろうか? 正直なところ、今回の対応は株価対策の「なりふり構わぬ」施策のように見えてならない。 企業が「なりふり構わぬ」対応を取るようになったらお終いだ。
意外とmixiの終焉は近いのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です