不景気の波は放送機器業界まで…


放送業界では知らない人は居ないと思われる、電子テロップ・CG関連機器製造・販売のフロンテックが民事再生法の適用を申請した。 と思ったら、フロンテックのメインは「自動封入封緘機」の開発・販売だそうで、どうもそっちの方でこけた模様。
まぁ、放送機器だって電子テロップ・CGがパソコンレベルで出来るようになってからは競争が激しくて利益率が低かったりするんだろうけど、売上的な寄与度は少なかったようだ。 それにしても不景気の波は幅広く襲ってきているようで、意外な会社が破綻する例がチラホラ見えてきている。
これから、予想も出来ない大変な時代がやってくるのかもしれない…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です