レギュラーガソリンが180円?


明日から石油元売り各社がガソリンの卸売価格をリッターあたり8円前後上げるため、レギュラーガソリンの小売価格が遂にリッターあたり180円を突破しそうです。 当面は原油先物価格の上昇は止まらない状況のため、急速な円高でもない限りは8月以降も上昇する可能性があります。 年内にはリッターあたり200円という価格を目にする事ができるのでしょうか?
一時はドル安に歯止めがかかれば原油先物価格は下落すると言われていましたが、最近の動向を見るとドル買い原油先物買いという状況に陥っており、歯止めがかかる要因が見られません。 まぁ、世界的に消費が冷え込んで在庫のだぶつきが見られるようになれば下落するのでしょうが、今の所は兆候は見られません。
最近は殆ど車に乗っていないのですが、久しぶりにガソリンを入れる段階になったら、目玉が飛び出そうな値段になっているかもしれませんねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です