グダグダ同人誌系


オープンソースカンファレンス2008 Hokkaidoに行ってきました。 以前から開催されていたのは知っていたんですけど、参加したのは初めて。
正直な感想を一言で言うと「グダグダ感満載の同人誌系集会」といったところ。 う〜ん、オープンソースを利用して商売している道内の会社なんかが展示をしていれば、まだ体裁が整ったのでしょうが、残念ながらユーザーグループの展示ばかりで特に見るもの・得るものがないという感じ。
セミナーは一つだけ見てきたけど、面白い事は面白いのだが内容が薄い感じ。 っていうか、セミナーも東京などの方が大変充実しているだけに、北海道のセミナーの少なさ・薄さが残念だと思う。
全体的に「一体何をしたいのさ!」って感じだし、ターゲットが絞られすぎていて一般人には近寄りがたい雰囲気が漂っているのは残念なところ。 これでも、昨年よりは改善されているらしいのだが、マニアの世界から抜け切れておらず正直なところ「来年はいいかぁ〜」という感じ。
北海道はIT関連の展示会とかセミナーが非常に少ないので、こういった機会を有効に使って欲しいのだが、主催者側は「そうは思っていない」みたい。 主催者には考え方を180°変えていただいて、一般人にも意味のある展示会・セミナーを目指して作っていって欲しいと思う。
地下鉄代をかけていった価値があったかと言えば…「ない!」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です