製氷機壊れる


冷蔵庫に内蔵されている自動製氷機が壊れてしまった。 原因は不明だが、雰囲気的にはセンサーが壊れたっぽい感じ。 氷ができると製氷トレイが自動的に回転して、できた氷を貯める部分に落としてから元に戻って水が供給されるという動きが正解なのだが、どうも製氷トレイが回転しないのか出来た氷を落とすことなく水を供給してしまうらしい。
結果として、水はトレイから溢れてしまい、氷を貯める部分にこぼれ落ちてしまう。 そこに貯まった水が凍ってしまい、巨大な一枚板の氷が出来てしまうという、何とも情けない状況になってしまっている。 前の冷蔵庫で使っていた製氷トレイがあるので、それで氷は作れるのだが、気分的には「いつでも氷が出来ている」という状態でないのが宜しくない。
まぁ、修理をするにしても費用の問題もあるだろうし、冷蔵庫が使えない期間が出来てしまうと困る(たぶん、中のモノを全て出さないと修理できないのでは?)ので、悩ましいところ。 自動製氷機って便利なんだけど、壊れると一気に不便になるのが玉に瑕だな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です