続・グループウェア導入


昨日の午前中にサポートからメールが来ていた。 まぁ、当たり障りのない回答だったのだが「Linux版ではメールに添付のライセンスキーが使えないのでWindows版を使ってくれ」というのには、さすがにキレて「Windowsの環境はないし、試用もできないのはどうゆう事か?」と返した。 そのサポート担当者はヒマだったのか、それともキレたから慌てたのか、何度もメールのやりとりをしたのだが、今日のところは解決に至らず。
でも、サポート担当者が良い人らしくて「1月9日まで時間を下さい」というメールが来たので了承。 今の所は何も聞かれていないので64bitCPUである事は口チャック。 とは言え、もともとJAVAで作っているのだから、Sunが提供しているランタイム環境で同じ動きをしない方がおかしい。
最終的に、向こうがバンザイしたら、こっちも諦めざるを得ないんだけど、使い勝手が良さそうで5ユーザーライセンスも比較的格安なので、できれば何とか使いたいところ。 でも、開発元がバンザイしてしまったら、ユーザーは対処のしようがないんだよな。
オープンソースのグループウェアには良いモノがないので、コレが使えれば営業的にもツールとして使えそうだし、お客さんに勧める事も出来そうなので何とか使えるようになって欲しいなぁ。 業務的にもサポートできる範囲が広がれば、それだけ営業もスムーズに出来るようになるので期待したいところ。


One thought on “続・グループウェア導入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です