Netscapeの終焉


一時は一世を風靡したNetscapeですが、遂に幕を閉じる時が来てしまったようです。 2008年2月1日をもって全バージョンのサポートを終了すると公式ブログで告知されました。 基本的に、コアとなるHTMLレンダリングエンジン等は既にオープンソースとなり、Firefox等に引き継がれていますのですが、Netscapeという名前はなくなります。
MicrosoftのInternet Explorerとの戦いに敗れて、商業ベースからオープンソースへと移行して生き残ってきたNetscapeですが、遂に幕を閉じる事になってしまいました。 思えば、インターネットの世界に足を踏み入れて最初に使ったブラウザがNetscape Navigatorでした。
その後、時代の流れに取り残されてしまったのを受けて、見切りを付けてInternet Explorerへ魂を売って、WindowsからMacintoshへメインマシンを移したのをきっかけに再びNetscape&bnspNavigatorへ戻ったのでした。 やがて時は流れ、MacOSがX(テン)になったときに、NetscapeのHTMLレンダリングエンジンを積んだSafariが登場して、そのままメインのブラウザはSafariになりました。
基本的にNetscapeの名前が無くなるだけで、HTMLレンダリングエンジンのGeckoは無くなりませんので、Firefoxを使い続ける限りはNetscapeの流れを汲んだブラウザを使えるわけですが、何だか淋しい気がします。 一つの時代が終わったという感じでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です