カムイ墜落


道産ロケットのカムイが、模擬衛星の分離試験に失敗して墜落、関係者がいるテントを突き破り、地面に突き刺さったそうだ。 計画では小型の模擬衛星を分離後、パラシュートを開きゆっくりと下りてくるはずだったが、制御が効かずに模擬衛星の分離に失敗した上に、自らのパラシュートも開かず反転落下してきた模様。
カムイはその形状ゆえに、垂直落下して、地面に突き刺さったらしい。 残念ながら写真はないのだが、その様子は、さながら神の剣が刺さったかのような感じではなかったのかと想像してみたり… カムイ(神)だからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です