音声に関する覚え書き

LINEで送る
[`evernote` not found]

Macの場合、ライン入力の音をスピーカーから聞く(ライン出力に出す)為には、音声をモニタできるソフト(DTM系になる)を起動してモニタ機能を使わないとダメ。 まぁ、音声を回り込ませないための工夫なんだろうけど、けっこう不便。 OS標準機能で音声モニタのON/OFF機能を付けて欲しいものだ。
ちなみにウチの場合には特に音楽に興味がないのでGarageBandしかないが、これでリアル音源のトラックを作りモニタONにしておけば音が出てくる。 いちいち立ち上げるのは面倒なので、ログイン項目にGarageBandを追加し「隠す」の設定をしておけばOK。 最後に保存したデータが自動的に読み込まれるので、リアル音源のトラックを作って保存しておくだけで次回からは自動的に音声が出てくる。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です