ウイルスバスター


ツレのパソコンに入れているウイルスバスターの更新手続きの案内が来たこともあり、面倒なんだけど巷では重いと評判の「ウイルスバスター2007」の検証を始めました。 何故に今頃になって検証するのかというと、今現在、宅内で使っているウイルスバスターのライセンス数が3本分と言うことと、2007からは1ライセンスで3台までインストール可能になると言うこともあって経費節減のために2006からの移行をしようと考えているわけです。 しかも1ライセンスあたりの費用が1.5倍に一気に上がってしまうので、何とか移行しないと破産してしまうんですよ。(いきなり1.5倍って「どうよ」って感じですが…)
先ずは、宅内で一番重いPCであるVirtualPCに入れてみて検証。 事前にGoogleで情報は調べてあるので不要な機能は落としておきます。 う〜む、まずインストール時とインストール後の1回目の再起動後が非常に重い。 何故なら不要な機能を落とす前の状態であるためなんだけど、まともに使おうとすると「使えねぇ〜」っていうくらい重いですわ。 まぁ、2006でもギリギリ使えてた感じなのでやむを得まいが…
次に、巷で評判の不要な機能を「使用しない」にしていくと… 何とか2006に近いレベルまで早くなりました。 ただ、本体を起動して設定の変更なんかをしようとするとメチャメチャ重くて操作に難儀しますけど、通常使用では「まぁ、大丈夫かな?」っていうくらいまでは軽くなります。
これで、しばらく使ってみて、ツレのパソコンに入れている2006のライセンスが切れる2月末までに検証が終われば、2007に入れ替えようと思います。
ちなみに参考にしたサイトは「ウイルスバスター2007 インストール時の覚え書き」(このページの表示が認められていません)です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です