長期休養の件…その後


今日も上司と話をしましたが、その前に何やら話が漏れているようで… 一応、ウチの社内で病気に関して知っているのはブログを見ているマイミクさん達と今の上司2名+もっと偉い人1名&前の上司2名だけのハズなんですが、何故か全然関係のない人が長期休養すると言ってまわっているとか言う話が飛び込んできました。 これに関しては心当たりはなくはないのですが、その話はまた後で…
で、今の上司(部長)と今日も話をしました。 結論から言うと「吐き気を薬で止めないと長期休養してもムダ。」というボクと医者の意見に対して、上司は「そもそも薬で抑えるという発想がおかしい。根本の解決のためにオレはやるぜ!」と、ある意味視点が違うので話が平行線になってしまうのですよ。 いや、上司の気遣いには本当に感謝をしているのですが、ボクが「サラリーマンである以上、会社の意向には従うべき」という古い考えの人間なので「ホントに大丈夫?」と逆に心配になったりしています。
そんな状況なので、上司が医者と「ぶっちゃけ、どうなのよ!」と話をしたいと言うことで、急遽セッティングしました。 来週の月曜日に二人で病院へ行って三者会談をすることになりまして、その結果を受けてから長期休養に入るかどうかが決まります。
ちなみに今日の体調はボチボチで、朝食を抜くのではなく薬を変えることで吐き気はかなり抑えられている状況になっています。 一応薬の効果が出ていると言っても良いでしょう。
さて、言い触らされ事件の真相ですが…おそらく
ウチの部長がボクが長期休養に入ったときのことを考えて前任者を一時的に戻す交渉を、前任者が居る部署の部長と行ったんだと思うんですよ。 で、ウチの部長は本当に気を遣うタイプなので、他に漏れないように別室で話をしたのだと思うのですが、その相手の部長(実は以前、別件でブログに登場したS原)がベラベラしゃべっちゃったんですね。 こいつは全く気を遣わないというか繊細さに欠ける人間なので困りもんなのですが… そこから「まるで決定事項のようになって」話が広まっているのではないかと思われるのですよ。 なんだか、そのうち「精神障害になった」とか「頭がおかしくなった」とか尾ひれが付きそうで怖いんですけど…
まぁ、そんなこんなで本人は今のところ「長期休養をすると決定をしていない」し、部としても「長期休養をさせる決定をしていない」んですが、何故か長期休養をするという話になっているという不思議な事態が発生しているというお話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です