ワンセグケータイ




マイミクのFAT’N氏の伝で御願いしていたVodafoneのワンセグケータイV905SHを昨日入手しました。
実はVodafoneの携帯は会社のサーバーから機械的に送られてくる警告メール以外は殆ど使っていなくて、一番安いプランの基本料を毎月払っていただけだったのですが、NTTDocomoのワンセグケータイが相当へなちょこだったのでVodafoneの方を機種変更したのです。 試作機の段階で一番初めに目に触れたのがVodafoneだったので、一番乗りだと思って待っていたという事情もあります。
さて、まずはファーストインプレッション…分厚い! 写真を見ていただけると判るのですが、現在使っているNTTDocomoの携帯(F900iC)と比較してみると、畳んだ時の大きさはほぼ一緒で、開いた状態だとV905SHの方が小さいんですけど、畳んだ時の厚さが若干厚いのです。 これ、胸ポケットに入れると厚みは相当影響があり、F900iCの代わりに持ち歩くと相当に違和感を感じます。 サイクロイド機構の分だけ分厚くなっていることを考えると少々残念ではあります。
携帯の機能としてはカメラ機能は他の上位機種に比べてランクダウンしています。 ただ、解像度感のある画を撮れるので問題はないです。 それ以上に残念なのが、国際ローミング対応ではないということ。 海外旅行をするわけではないのですが、Vodafoneの上位機種のウリだと思っていたので特別使う予定はなくてもガッカリしてしまいます。
そして、ワンセグ受信機としての機能ですが… TSのままminiSDカードに収録できるのは大変便利です。 試しにやってみましたが、データ放送も含めて再生できるのは本当に便利です。 EPGに関してはNG。 どうもEPG機能は放送波に載ってるSIを使っているわけではなく、インターネット系のEPGサイトのデータを利用しているらしくて起動すると通信が発生してしまいます。 また、そのサイトのデータに北海道の分がまだ無いらしく出てこないという残念な事態になっています。 ちゃんとSIの情報を使って欲しかったなぁ… まぁ、固定(12セグ)のように当日含む先8日分も出しているわけではないので仕方のないことなのですが、規格上は10番組分の情報は送れることになっているのですから、データがある場合は使うようにして欲しいところです。
ということで、やはり微妙にダメな所は存在していますね。
どうでも良いことなのですが、○な所としてはBlueTooth対応というのがあります。 さっそくPowerBookG4とつないでみましたが、ケーブルを必要とせずにネットが出来るというのは移動時の利用には便利です。 ということで、通信系はこちらで行うことにしてハッピーパケットという若干パケット代が安くなるプランを付けました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です