モナコGP決勝


昨日の予選で疑惑の最終コーナーでの停止をしてしまったM.シューマッハは失格となり最後尾となって敵が減ってしまったアロンソでしたが、ライコネンの猛追を受けて油断は出来ない状況で見ている方もドキドキハラハラでした。 ただ、3番手を走っていたウェーバーの停止でのセーフティカー導入から雲行きが怪しくなり、上位勢が脱落。
結果、アロンソはそのままトップでチェッカーを受けたのですが、2位はモントーヤ、3位は(何と!)超久しぶりのクルサードというメンバーでフィニッシュ。 最後尾から追い上げたM.シューマッハは5位でチェッカーとなりました。 いやぁ、棚からぼた餅のクルサードが結局3位に入るという、なかなか面白いレースでしたよ。
そういえば、ルノーのCEOになったカルロス・ゴーンも来てましたねぇ。
それにしても、ポディウムに上った3台はいずれもミシュランタイヤというのは、金曜日に事故死したミシュランの創業家でCEOのエドワール・ミシュラン氏への弔いということになるのでしょうか…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です