同類相憐れむ

LINEで送る
[`evernote` not found]

自分達がやるべき事をやらないから直近になって他部署からツッコミ受けまくりなのに、同類が狭い部屋に籠もって他部署に対して悪態を付くのは非常に見苦しいことだということに早く気がつくべき。 ましてや、打ち合わせの要請を早い段階でした他部署の人間を誹謗するメールを自ら率先してばらまいて全体をミスリードした役職者は大いに反省すべき。
ムダにしてしまった約2ヶ月は泣いても叫いても戻ってこない。


その役職者には、常時キャプチャされているメールを誹謗の証拠として保全されなかっただけ有難く思って欲しいものだ。 ボクが保全要請をしたら、その段階で人事を担当している総務部の上層部が知るところとなってしまうのを敢えて抑えてあげたのだから感謝して欲しいくらいだ。
いっそのこと昇格の芽を摘んでしまえば良かったかな?

LINEで送る
[`evernote` not found]

One thought on “同類相憐れむ

  1. ま☆ろ

    そういう経験、わしも何度かあるよ。
    こっちが一ヶ月も前から動き出しているのに、期限があと数週間と
    いうところで話がくつがえされちゃうんよね。
    しかも、当初から「そういうやりかたは問題あるんじゃないの?
    大丈夫?」と危惧の声を発しているのに無視して突っ走る某上司。
    出来上がった書面を持って重役会議で同じこと突っ込まれて帰っきて、慌てて対応しようってんだから、やる方は疲れるよね。
    というか、腹が立つやら、憤りのない怒りが込み上げてくる
    わけで。。。
    くまちゃん、無理すんじゃないよ。わしみたいに心の風邪ひかない
    よう、楽できるところは楽しちゃいな。根詰めるなかれ。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です