世の中は病んでいるのか?


みずほ証券、誤まって大量の売り注文 株式市場は混乱」とか
日航副操縦士のパソコンから重要データ流出」(以上、asahi.com)とか
耐震強度偽装とか止まらない個人情報流出とか
なんか、日本全体が病んでいるのだろうかという感じがする。
だいたい、各段階の個々の担当者が各自の責任を十分に果たしていれば防げるものばかりのようにも見えるのだ。 それなのに、各自責任を持って仕事をしていないから重大な事態を招いているのではないだろうかと思う。
この状況は、まさしくそのままウチの会社にも当てはまるものだというのを実感している。 今月発行された請求書でシステム上の不具合から一部誤りがある請求書が発行されたのだが、チェックしているはずの担当者とその上司がチェックもせずに検印を押していたというのが一昨日発覚したのだ。 最後の砦である経理担当者のチェックで発見されたので相手先に届くことなく済んだようなのだが、そのまま送付されていたら会社の信用問題にも関わってくる話だと思うのだ。 現場の人たちはシステム担当者に対して文句は言うけど、実は指示通りに作業をしていないだけだったり、手順書に目を通さずに適当に操作した故の誤操作だったりと、各人の責任だったりすることが多々ある。 現在の所、放送事故にはつながっていないのだが同様に各人の責任を果たさないばかりに各段階のチェックをすり抜けて誤った放送データで放送されたこともあったようなのだ。
ウチの会社の場合は、そう言った怠慢な連中の行為を責めたり処分したりすることはなく、マジメに仕事を行った結果として何らかのトラブルを起こした人間に対してのみ責めたり処分したりとかするから、会社全体に潤いがなくなりギスギスした感じになってしまっているのだ。 当然、最初に書いたような事件の場合は各社で厳重な処分が当然のように行われているのだろうが、それがウチの会社のように適切に行われていなければ、そして小さな事に対しても適切な対応がなされていなければ状況は一緒で、何度でも同じ事件を繰り返すことになるのではないかと思っている。
そう言った意味では、ウチの会社は社会の縮図になっているかもしれないなぁとも思えるのである。 出来れば縮図になるときにはマイナス方向の縮図ではなくプラス方向の縮図になって欲しいとは思うんですけどね。 でも、怠慢連中が労働組合の執行部とかやっているようではダメでしょうな。
あはは…orz


2 thoughts on “世の中は病んでいるのか?

  1. ま☆ろ

    カメルーンの笛(ハメルーンの笛)だっけ?
    群れて自殺行為をするアレなんだけど、
    そーゆーことになってるんじゃないのかな?<俺たち
    —–タバコタイム
    ふぅ
    —–タバコタイム
    人の流れに逆らわなくていいから、流されないように、
    鍛えておかにゃあならんべさよ。
    んなわけで、自分らしくもない、「本を読む」なんて
    ことも始めてるんだが、手遅れだよな。。。。っはっは。(^^;

  2. pismo

    システム系の仕事をしていると仕様確認というものが重要な位置を占めるので、
    プライベートな時間で活字を見るのは非常に辛いものがあります。
    膨大な仕様書に目を通すのは困難極まりないことですからねぇ。
    でも、漏れがあると大変なことになるので神経もすり減らすし…
    すっかり活字アレルギーになってしまいましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です