iPhoneSE 2nd Gen.で楽天モバイルを使ってみる


会社用に使っているiPhone5s(IIJmio)とiPhoneSE 1st Gen.(IIJmio)の二台持ちを解消すべく、iPhoneSE 2nd Gen.を購入し、かつ、IIJmioのサブ回線側を楽天モバイルにMNPして一台持ちにしてみました。背中を押すきっかけになったのは楽天モバイルの自社回線エリアが札幌市内でも展開されつつあるからです。あと、基本的にサブ回線側で電話を掛けることは殆どないのでRakuten Link非対応故の通話が有料って言うのも気にならなかったのもあります。ちなみにIIJmioは、みおふぉんダイヤルアプリを使って通話すれば半額になります。

まず、iPhoneSE 2nd Gen.(以下、iPhoneSE)で両方の電話番号で発着信するためには通話に対応したeSIMを入手することが必要です。となると、この記事を書いている2020年5月22日段階では楽天モバイル一択になってしまいます。IIJmioもeSIMは出しているのですが、データ専用なので今回のケースでは使えません。

で、申込手続きについては様々なところで書かれているのでここでは省略します。僕が参考にしたのは「【デュアルSIM】新iPhoneSEに『Rakuten UN-LIMIT』のeSIMを導入する方法 / スマホを2回線化するとどうなるのか?(ロケットニュース24)」になりますので紹介しておきます。ちなみに、この記事では申込の最後の方でeSIMへの変更をしていますが、フローが変わったのか途中でも出来るようになっていました。申込が完了すると下のような紙切れが届きます(笑)

この紙切れに記載のQRコードから続きの手続きをすることでeSIMが発行可能になります。手続きは対応端末が無くても出来るので、iPhoneSEが届く前にやっちゃいました(笑)

eSIMのQRコードを出すのはパソコンからでもできます。

この手順で以下のように表示されるのでiPhoneSEで読み込めばOKです。

読み込んだ後は、APNの設定を以下のように書き込めばOKです。

ここら辺の話も先のロケットニュース24の記事に書いてあるので、参考にしてください。設定が終わると下のスクリーンショットのように2波受けている状態になります。

この状態(ちなみに楽天モバイルはパートナー回線)で、楽天モバイルでの電話の発着信はできますがSMSの送受信はできません。基本的に楽天モバイルの自社回線エリアじゃないとSMSの送受信はダメです。

一番致命的なのは「接続回線の自動切替」が出来ないと言うところでしょうかね。それ故に、後述するような事態が発生します。いっその事、パートナー回線は使わないみたいな設定が出来れば良いんですけどねえ…

さて、ここからが問題なのですが、各種ポイントバックの条件が「Rakuten Linkをアクティベートすること」になっているので、そのままではiPhoneユーザーはポイントバックを受けられません。何故なら、iOS用Rakuten Linkアプリが存在しないからです。パソコンがあれば「iPhoneユーザのためのRakuten Link認証方法❗はせちゃん♡オールドオリーブ」を参考にAndroidエミュレータを使って出来ますし、もちろん別途Android端末を持っていれば出来ます。僕の場合は個人で持っているXperia5(Docomo)にRakuten Linkをインストールして、楽天モバイルの自社回線エリアとされているところを歩きながら自社回線を捕まえてアクティベートしました。ちなみに、楽天モバイルの自社回線を捕まえないとアクティベートの為のSMSが受信できないので、自社回線を捕まえる必要があります。

標準の電話アプリで「*3001#12345#*」に掛けると別画面が出て、LTE→Serving Call Infoで以下のような画面が出ます。

ここで、freq_band_idが3であれば楽天モバイルの自社回線を捕まえていますので、これを見ながら探します。

ちなみにウチから一番近い自社回線エリアが札幌駅周辺だったので、歩いて探しましたけど楽天モバイルのサイトに載っているエリア図は全然あてにならなくて、実際に自社回線を捕まえることが出来たのは青線の所だけでした。他はパートナー回線のみでした。

で、捕まえたところでXperia5に入れたRakuten Linkを起動してアクティベート作業をし、iPhoneSEでSMS受信に成功して認証できたのでアクティベートを完了することが出来ました。ちなみにエミュレータを使ってもSMS受信はしなければならないので、ノートパソコンじゃないと無理ですね。

まあ、そんなわけで「楽天モバイルのエリア図」はあてにならないと言う事は判りました。高い周波数帯を割り当てられている関係で距離が飛ばないとか、障害物に弱いとか言う事情はあるのでしょうが、あてにならなさすぎて笑いましたわ。あと、希望として「iPhoneユーザーも取り込む努力をしてください」と言うことだけ記しておきます。

追記:

Xperia5(Docomo)に入れたRakuten Linkで電話の発信が出来るのかテストしました。

成功しました。通知される番号も楽天モバイルの番号でした。無料で通話できたかどうかは知りませんが。次にSMSを送信してみます。

成功しました。通知される番号も楽天モバイルの番号でした。もちろん、受信は出来ませんが。

追記(2020/05/23):

紹介コードを貼っておきます。もし、楽天モバイルを申し込まれる方がいらっしゃいましたら、こちらを使って頂くと2,000ポイントもらえますので、どうぞ。

紹介コード【2020051706977】もしくは【YUEk7HC6Wqng】です。

使って頂いた際にはコメントを頂けますと幸いです。5名様限定との事で、5名様に使って頂いた際にはこの部分を削除しますので。よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です