スッキリ美味しい水出しコーヒー



水出しコーヒーって飲んだことありますか?
水出しコーヒーとは、コーヒー豆の成分を水で時間をかけて抽出する淹れ方なので、とても香り豊かで深い味わいなのですが、スッキリとして飲みやすいコーヒーです。つくり方は二種類あって、それぞれ器具が違います。上の写真が器具の写真なのですが、左側が滴下式といって水を一滴一滴落として作るもの。代表的な器具メーカーとしては岩城ハウスウェアがあります。右側が浸出式といって水に浸して作るもの。代表的な器具メーカーとしてはハリオがあります。
滴下式は、一滴一滴水を落としていくので、その滴下速度を微妙に調整しなければいけません。気温によっても滴下速度が変わってしまいますので、時々みて調整してあげる必要があります。コーヒー豆の挽きの細かさにも依りますが、1〜2秒に1滴落ちるように調整します。500mlで約8時間ほどかかります。
浸出式は、水に浸して作るものなので、一度浸してしまえば完全に放置で問題ありません。約8時間ほど放置します。簡単なのと器具が安いので、初心者向けと言えるでしょう。最近はこちらが主流になっているみたいです。
両者の違いはこれだけなのでしょうか?
実は、風味も微妙に異なります。滴下式で入れたものは水が豆の間を通る時間が短いので雑味が少なくスッキリした味わいなのに対し、浸出式で入れたものは豆が長時間水に浸りっぱなしなので雑味が出てしまいスッキリ感が薄らいでしまいます。やはり、手間がかかる方が美味しいものにありつけるということですね。なので、両方の器具を持っているのですが時間に余裕があるときは滴下式で入れるようにしています。少しでも美味しいコーヒーを飲みたいですからね。
豆は、比較的煎りが深いものが美味しいように思います。ウチでは「フレッシュローストコーヒー豆の木」さんの「円山ブレンド」を使っています。普通にアイスコーヒーを入れるときは、もっと深煎りの「五天山ブレンド」を使っていますが、水出しコーヒーの場合は少々苦味が強いように感じます。ストレート系だと「スマトラマンデリンG1」が良さそうです。
そして、滴下式の出来上がりはこんな感じ。

美味しそうです。まだ飲んだことがないという方には、是非お勧めしたいコーヒーの入れ方です。まずは味わってみたいという方にはタリーズコーヒーをお勧めします。ここは浸出式で入れたものが飲めます。浸出式の器具や、それに適した豆なんかも置いてあります。また、コーヒーに力を入れている喫茶店なんかでは滴下式で入れたものが飲めたりします。お店に器具があれば(業務用はかなり大きいものなので直ぐに判ります)間違いなく滴下式ですね。
是非一度、お試し下さい。本当に美味しいですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です