第一生命問題はチョット進展


さすが民間企業だけあって、対応は迅速です。 某役所系情報関係団体は見習って欲しいなぁ。
さて、つい先ほど支部長を名乗る男性から電話がありまして、担当の変更と今後のスケジュールについての詳細に関して話を頂きました。 結局、こちらの都合もあり来週の金曜日に新担当と支部長で挨拶に来てくれると言うことになりました。 ただ、支部長は夕方から出張だそうなので、新担当だけになるかもしれませんが…
スケジュールに関しては「転換ならば年内に契約すればOK」だそうで、「現プラン継続(保証見直しアリ)ならば来年1月までOK」との事だそうです。 前回電話を掛けてきた「担当の上司」を名乗る女性は、何でこんな簡単なことも答えられなかったのだろうか? 上司の資格無いでしょ。
で、こちらで調べた12月1日というのは「本社的に一応の期限を設定した」ものだそうで、これに縛られることはないと言うことは確認できたので一安心。 あとは、新担当者が当方の要望などを聞いて、迅速に行動が出来れば問題なしと言ったところでしょうか。
それにしても、本社にクレーム入れて、ようやく動くというのも何だかなぁ〜という感じがしなくもないが… 結局、担当者も、その上司も、自己保身に走って適切な情報を上に上げていなかったんでしょうね。 でも、そんなことをしていれば最終的に自分の首を絞めることくらい判りそうなモンだけどな。 お客から何かクレームチックなモノが入ったら「大変申し訳ありませんでした」が客商売の基本だと思うんだけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です