自民党は勘違いしているよ


自民党は候補者選択の際に「知名度」を重要視しているようだが、その知名度は「負の知名度」であることはないだろうか? もし、何も考えずに「知名度」だけで候補者を選択していたのならば、それが敗因の一つであることを認識すべきだろう。
だいたい、北海道一区の候補者に長谷川岳を選択した段階で「負け」は決定付けられたようなものだ。 何故ならば、確かに彼は「知名度」は相当なものを持っているであろう。 これは誰も否定しないと思う。 だが、その「知名度」は「負の知名度」であることを認識していなかったのではないだろうか。 ぶっちゃけ、かつてこれほどまでに市民に憎まれている人を候補者に立てたことは無いのではないか。 その結果、彼は見事に落選したわけである。 ハッキリ言って杉村太蔵の方が、まだ票を取れたのではないかとさえ思うのである。
それくらい世間の嫌われ者を候補者に立ててしまったのである。
これでは勝つ事なんてできやしない。 全国的に見て、同じような候補者はいないのだろうか? 多分、多く存在しているように思える。 知名度だけで飛びついた罰が当たったと言っても過言ではないだろう。 ダーティなイメージの自民党がダーティなイメージの候補者を立てちゃダメだよね。 小泉改革路線で波に乗った時期のことを分析して、二大政党の一翼を担う存在までに復活して欲しいものである。
まぁ、自民党が作った小選挙区制では大勝するか大負けするかのドッチからしいですからねぇ。 二大政党制そのものの存在が難しいのかもしれませんけど…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です