準備

LINEで送る
[`evernote` not found]

ファイナンシャル・プランナーとしての事業を12月1日から始める事になった。 当面は、無料相談をメール(入力フォーム)から受け付けて、それに対する回答をメールで返すという感じになる。 ニーズを探る意味合いもあるし、いきなり複雑な回答を用意する事は出来ないので、一般的かつ簡易的な回答を返す無料相談から始める事にしたのだ。 無料奉仕をする代わりに、こちらも上位の資格を取るために勉強をさせて貰おうというわけである。
そもそも、ファイナンシャル・プランナーになるべく試験勉強を始めた当時のスケジュールとしては、今月初めから中旬にかけて事業を開始する予定だったのだ。 けれども、想定外の事態が発生して準備に時間がかかってしまったのだ。 それは何かというと、入力フォームを処理するアプリケーションの総入れ替えが発生したからである。 もともと、問い合わせの簡易的なフォームは用意してあったのだが、そのアプリケーションでは複数の入力フォームを用意できないとか、うちのサーバー設定の関係でSSLが使えないという事が判ったからである。
そこで、急遽、入力項目を自由に設定でき、複数フォームにも対応できるプログラムを探し始めたのである。 これが結構大変で、有料のものは簡単に見つかったんだけど試用ができないので、こちらの要求する仕様に合致するかどうか判らないという状況が続いたのですよ。 で、ようやく見つけたのが灯台下暗しとは良く言ったもので、札幌のウェブデザイナーが作った、無料で使用できるものだったんですわ。 試しに使ってみたら、予想以上に高機能で「これなら使える!」となって、ようやく、この三連休で立ち上げる事が出来たというわけです。
現状は、SSL用のサーバー証明書待ちなのですが、信頼性があって値段が安いところ、かつ、証明書の発行までに時間がかからないところを選んだのですが、サーバー名に問題があるらしく通常はない審査を受ける事になってしまって、明日以降の対応になってしまいました。 無料相談とは言え、メールアドレスやら氏名などの個人情報を扱う以上は、暗号化通信をしないとダメでしょうということで、お金をかけてサーバー証明書を取るのです。 まぁ、いずれ有料相談を受け付けるようになったら、半端でない量の個人情報を扱う事になるわけで、そういった意味では必須だと思っています。
正直なところ、ネットワークにまるで無知な人間であれば、そこまでしないのでしょうが、情報システム関連業務も看板に掲げている以上は無視するわけにはいきません。 実際、殆どのファイナンシャル・プランナーの事務所(もしくは会社)は入力フォームを用意してあってもSSLで暗号化通信を行っていないのです。 いわゆる開業ノウハウ本にも「暗号化通信の重要性」に関しては一切書かれていません。 そういった意味で、個人情報を軽んじる酷い業界なのですが、ウチはちゃんと暗号化通信を行う事で、お客さんに安心して個人情報を入力して貰おうと考えているのです。 お金はかかるけど、たいへん大事な事だと思っていますので…
というわけで、よそ様よりも丁寧な仕事をしている分だけ時間がかかってしまったというわけです。 まぁ、取り敢えずオープンにこぎつけて、相談が来るようになれば万々歳というわけで、ファイナンシャル・プランナーとして稼ぐのは来年以降に考えましょうと… それまでは、今まで通りの投資生活です。 Google AdWordsの広告費も稼がにゃあならんしなぁ〜。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です