これは明らかな殺人事件


兄弟子供述「金属バットで殴った」 力士急死事件」(asahi.com)
一連の報道によると、時津風親方自らも手を下していたそうだが、悲惨な事件が問題多き角界に発生してしまった。 休止した力士の素行にも問題があったとの報道もあるが、とは言え金属バットでの殴打はイカンでしょう。
リンク先の記事によると、「時津風親方がビール瓶で斉藤さんの額を殴打、さらに、けいこ場の裏手で兄弟子ら数人が斉藤さんを取り囲んで暴行。兄弟子らは、金属バットを使って全身を殴打したことを認めているという。」だそうですから、これは明らかな殺人事件であることは間違いのないところ。 親方の廃業と、暴行に参加した連中の角界追放は避けて通ることは出来ないのではないでしょうか。
朝青龍事件では対応が右往左往している大相撲協会も、ここまで酷い事件には厳正に立ち向かうしかないでしょうね。 そうしないと、角界のダーティさがクリアにはならないでしょう。 何と言っても、殺人事件ですからね。 大相撲協会の今後の対応には注目していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です