診察費の謎

LINEで送る
[`evernote` not found]

昨日のエントリにも書いた、札幌循環器病院に関してです。 昨日は結局「診察を受けずに」処方箋だけを出して貰ったのですが、改めて領収書を見ると「診察料」が取られていることが判りました。 ハテ? 診察を受けることが出来なかった患者から何故に診察料を徴収せねばならんのだ?
そもそも、病院側に瑕疵があるにもかかわらず、それを認めない事務員とのやりとりがあって、結局「こっちが折れて診察を受けずに処方箋だけを出して貰った」にも関わらず、診察料が徴収されているというのは変ではないか? これって、保険料の不正請求ではないのだろうか? それとも、診察という行為の有無に関わらず、診察料は請求できるものなのだろうか?
健康保険に関する様々な問題が指摘され、患者の負担が増えてきている現在、こういった怪しい請求に関して疑問点を明確にするようなFAQの整備を政府(現在は社会保険庁らしい)は行うべきではないだろうか。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です