事情聴取


保険会社の代理店担当者から提案された事故調査会社の方からの事情聴取が、ウチの近所のマクドナルド(自宅は汚いので…)で本日の夕方に行われました。 内容的には、車について(左ハンドルだとか、マニュアル車だとか…)と事故発生前の状況(何故そこを走っていたのかとか)、事故発生時の状況、事故発生後の状況(現地でどのような会話がなされたのかとか)を聴取されました。 まぁ、こちらの不満を汲み取って保険会社側が入れた調査会社なので、こちらの思うことなどを話して終わりという感じ。
事情聴取の最後には「何対何だとおもうか?」という所まで聞かれたので、基本的には1対9で最悪でも3対7だと回答しました。 調査会社の人は既に現地調査を全て終えているとのことで、後はレポートを書き上げるだけだと言っていました。 調査自体は聞かれたことに答えるだけだったのですが、事故までの状況を克明に覚えていたこともあってか、当初30分程度と言われていた聴取時間が1時間くらいになってしまいました。 また、事情聴取を終えてからは雑談で盛り上がってしまい、結局1時間半もかかってしまいました。
どのようなレポートになるかは判りかねます(たぶん保険会社で使用するだけなので知らされない)が、事故発生の瞬間まで克明に覚えていたこともあって、相手に対する注意は基本的には十分に払われていたものと言えるそうです。 ただ、若干の危険性(相手が進路変更するという可能性)の予測に欠けていた部分はあると言われました。 相手の方に関しては、やはり右後方に対しての注意義務はあると言うことでした。
さてさて、この事故は何対何で決着が付くのでしょうか?


One thought on “事情聴取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です