これが30時間の傑作


って、前のエントリのCGなんですけどね。 元のサイズがメチャ巨大なのでPowerMacG5で30時間以上もかかったというCGですが何か?
小さくしちゃうと全然判らないのですが、山が噴火しているイメージで数千個のパーティクル飛ばしているんですよ。 でもね、悲しいことに印刷したらゴミにしか見えませんでした。 画面で見るとバッチリだったんですけどね〜。 本職じゃないんで、その辺の感覚が良く判らないです。 ホントはパーティクルに動きを付けるためにモーションブラーをかけたかったのですが、やり方が良く判らなくて諦めたんですわ。 だから、単なる点々だけになってしまったので、余計にゴミにしか見えないという…orz
あ〜、せっかくソフトウェア持っているので自分でモデリングから出来るようになりたいですわ。 でもねぇ…画才がないので如何ともし難いという非常に重大な問題があってねぇ。 一応、専門学校の夜間講座にも何期か通ったんですけどねぇ。 画才だけはどうにもならないわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です