地デジ試験放送


休みなのを良いことに、さっそく地デジの試験放送受信にトライしてみた。 ウチのテレビはシャープ製なので3月からの試験電波(NITなし)は受信できなかったのだ。
う〜む… 結構電波の強度がないとダメなのかUHBしか受信できていない。 良く見るのはTVHなので、こいつが受信できるまでトライしてみようかと思うけど時間もないしなぁ。


徐々に他の局が映るようになってきた。 10時30分段階でHBC,HTB,TVH,UHBが映るようになった。 見比べてみると、局の能力差があるのか、判っている判っていない局があるのか、いろんな所に差が出ていて面白い。 そんな中、現段階で一番ダメなのはUHBかな?
何故なのか、他の局はEPGで3サービス分の情報が出ている(チャンネル的に0x1〜0x3まで定義されている)にも関わらず、UHBだけが2サービス分しか出ていない。 何かチョンボったのだろうか? あと、データ放送も一枚ペラしか出ていないし、画像が汚い。
面白いねぇ。 局によってデジタルに対する温度差が見られて。
それにしても、それなりの強度がないと受信できないようで、手稲山がほぼ見える位置なのを良いことにクリップを伸ばしたものをアンテナ端子に挿しただけで挑戦しているのだが、厳しいですね。 15日からはJ-COM経由で見られるようになるので、それまでの仮ということで針金アンテナなのだが… 一応、屋内アンテナ買っておこうかな。 J-COMがダウンしたときのことを考えて…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です