ドイツGP決勝

LINEで送る
[`evernote` not found]

今回は大変面白いレースだったと思います。
ピットワークで相手を抜くというのもレース戦略としては重要なのでしょうが、見る側の立場からいえば今回のような「コース上で抜く」が一番楽しめますからね。
そういった意味で、今日のレースの中心は「BARホンダ」だったんでしょうねぇ。 バトンもアロンソとのバトルを何度も見せてくれましたし、最終的には振るわない成績だったもののウェーバーやトゥルーリとのバトルを見せてくれた琢磨も良いレースをしてくれたと思います。
結果としては、いつも通り優勝はシューマッハだったのですが、13番手スタートから一気にごぼう抜きのバトンが2位、スタートダッシュで躍り出たアロンソが3位とそこそこのメンバーがボディウムの上に揃いましたし、琢磨も何とか8位入賞ということで結果を残せて良かったと思います。
それにしても、もう一つの見所を作ってくれたライコネン。 リアウイングが吹っ飛ぶというトラブルに見舞われてクラッシュ→リタイアしてしまいましたが、何であんなトラブルになったのかは知りたいところですね。 本当にウイングの板だけがキレイに吹っ飛びましたから…

LINEで送る
[`evernote` not found]